フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

リコメンデーション

  • おすすめ商品
  • 五味 康祐: 柳生武芸帳〈下〉 (文春文庫)

    五味 康祐: 柳生武芸帳〈下〉 (文春文庫)
    隆慶一郎、山田風太郎も面白いが、五味康祐は秀逸だ。 (★★★★★)

  • 小林 信彦: おかしな男 渥美清

    小林 信彦: おかしな男 渥美清
    2006.0817 # 単行本: 373ページ # 出版社: 新潮社 (2000/04) # ASIN: 4103318244 目次 出会い 片肺飛行 上昇志向 アパートでの一夜 過去 喜劇人批評 最初の成功 ブームの中で 1963初夏 「おかしな奴」の失敗〔ほか〕  ともかくもせつない物語である。 (★★★★★)

  • 小林 信彦: おかしな男 渥美清

    小林 信彦: おかしな男 渥美清
    こちらは、文庫本版。単行本とどうちがうのか、あたっていないので不明。 (★★★★★)

  • 小松 聰: 世界経済の構造―アメリカ資本主義を中心にして

    小松 聰: 世界経済の構造―アメリカ資本主義を中心にして
    2006.0817 # 単行本: 413ページ # 出版社: 世界書院 (2006/04)  情況2006.7-8に著者小松聡氏の「今は何時か?石原莞爾と石原慎太郎の対米感を手掛かりとして」というインタビュー記事がある。  その記事の結語として「二十一世紀今日の現代資本主義の無理の核心は、(中略)工機く際通貨・ドルの腐食化に集約的に現れています」「アメリカ経済が高成長することがあっても、アメリカの経済力の衰退とドルの腐食化は確実に進行しているのであり、アメリカ中心の資本主義世界の黄昏はいよいよ濃くなってきているようです」とある。  懐が厳しいので、ユーズドに出たら買いたい。

  • 子安 宣邦: 「アジア」はどう語られてきたか―近代日本のオリエンタリズム

    子安 宣邦: 「アジア」はどう語られてきたか―近代日本のオリエンタリズム
    amazon.comのレビュー 近代化の開始に伴い「脱亜」を志向した日本は、1930~40年代の危機、戦争の時代と積極的に「アジア」を語るが、それは脱亜論の裏返しとしてのオリエンタリズム的他者像でしかない。近代日本のアジア認識を徹底的に検証。

  • 斎藤 憐: ジャズで踊ってリキュルで更けて―昭和不良伝 西条八十

    斎藤 憐: ジャズで踊ってリキュルで更けて―昭和不良伝 西条八十
    2005.0403読了 「笛にうかれて逆立ちすれば/山が見えますふるさとの……」(故郷の山がさかさまに見えるなんて、うますぎる斎藤憐P238) (★★★★)

  • 森巣 博: 蜂起

    森巣 博: 蜂起
    2005.0328 購入 今日読了予定 非国民 森巣 博の面目は… (★★)

amazon. mochan's ウイッシュリスト

ブクログ

  • cript>

my delicious bookmarks

  • my delicious bookmarks

お勉強

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ

トラックワード

popIn

  • popIn Rainbow

feecle

アントニオ猪木自身がパチスロ機

  • P1000039
    「迷わず打てよ、打てばわかるさ!ありがとう!」 「アントニオ猪木自身がパチスロ機」というパチスロをやりはじめてはや1年がたつ。他の機種はしらない。ひたすら猪木をうっている。1年たっても目押しもできない。 いろいろな演出を見た。まだ出会っていないものもある。昨年(2004)暮から、携帯電話のカメラで猪木の演出を撮り始めた。

2014.02.22

役に立たたないもの

 川上弘美の「東京日記」に似た「古道具屋 中野商店」を読む。ちなみに、この本は東京に住んでいる長女の家の近くのBOOKOFFで、購入したものである。
 さて、冒頭店主が、主人公ヒトミに「役に立つもの、好き?」かと下問する。そして店主はヒトミの答えを聞いたあと「役に立つ皿、役に立つ棚、役に立つおとこ!」と歌い始める。
 
 僕はそれを読んで、すかさず妻に「僕は役に立つおとこ」かと下問した。妻は「役立つわ」と返答した。重ねて役立つおとこは好きか」と聞いてみた。妻は「好きよ」と返答する。しからば「役に立たたないおとこは?」としつこく下問した。妻は「嫌いよ」と曰もうた。それをきいて僕は、少しく凹んだ。何故ならば、僕は若い頃よりずーっと自分のことを「役に立たたないおとこ」と思ってきたからだ。

 そして廊下の本棚に佐野洋子「役に立たたない日々」のタイトルがある本を思い出した。


2013.01.01

2012 歳晩

荷風「断腸亭日乗」CDを流しながら、「そこら取片付け、塵を払う」を同じくいたす。

荷風、初玉ノ井訪問、昭和7年。路地口のおでん屋で娼妓の情報仕入れ。「7丁目57番地千里方ちえこというは泣く評判あり。きょぶとりの名人なり」「きょぶとり」というのが気になって片付け危うし。(2012.1230)

2012.05.05

「Windows Live Writerがあまりに便利……」というので

Windows Live Writerがあまりに便利 」というブログ記事を見たので、試してみる。

Blogger、TypePad、WordPress、FC2、MovableTypeなど、それ他あらゆるブログサービスで利用可能というのはよろしいのでは。

で、早速です。

1.リンク のチェック

2.画像アップのチェック

006

以下のサイトにてDL可

Windows Live Writer

2011.04.29

高村薫 「平成雑記帳」アエラ 2011.0425

第一に、高齢者はどんなにかくしゃくとして見えても、判断力や決断力の衰えがある。

第二に高齢者には知恵もあるが、それ以上に物忘れや思考力の低下がある。

第三に、高齢者は新しい発想ができない。

第四に、人は歳とともに間違いなく自制がきかなくなるので、若い世代は振り因されてはならない。
その上で、自分たちを生み育てた世代への一定の感謝は欲しいが、それもほどほどでよい。若い
世代が旧世代を踏み越えてゆかずして、未来はけっして拓かれないのである。

●ああ、こういう文章を読むとつくづくと己が歳をくったと感じる。「自制」については、ブレーキの外れ具合は、若い頃とそう変りないが「その通り!その通り!」どうぞ、踏み越えていっておくれとしかいう言葉はない。そして、己の世界を想像する力の衰えは本当に如何ともしがたい。ああ、打たれ弱いか。

●しかし、高村薫が言及している高齢者とはいくつくらいの歳を想定しているのだろうか?女史自身への自戒とも読めそうだ。

2011.02.20

2010回顧 文芸 私の3点(朝日新聞)

 新聞のスクラップ整理をしていたら2010回顧 文芸 私の3点(2010.1220朝日新聞 朝刊)という記事が出てきた。選者のあげた作品は1編も読んでいない。読んだことのある作家は、北方謙三、舞城王太郎のみで、他の作家は名前すら知らない人もいる。文芸誌は年に数冊は買うが、読むのはもっぱら評論で、小説は読むことがない。だから、これはどんな作家が市場にいるのかの備忘メモだ。

 まあ、当分興味がない現代小説は読むことはないだろう。家には妻が図書館から貰ってきた学研の文学全集がうず高く積まれている。銭もかからないのでこちらで溺れることになろうか。つい先だって、暫くは書籍の類は買わないことに決めたのである。暫くがいつまでかは聞いてくれるな思っている。

選者 氏名      作品名 版元
●池上冬樹
北方謙三 「抱影」 講談社
高城高 「ウラジオストクから来た女」 東京創元社
舞城王太郎 「獣の樹」 講談社ノベルス
●斎藤 美奈子
松本圭二 「詩人調査」 2010新潮3月号
三輪太郎 「大黒島」 2010群像9月号
小山田浩子 「工場」 2010新潮11月号
●沼野充義
辻原登 「闇の奥」 文藝春秋
朝吹真理子 「きことわ」 2010新潮9月号
多和田葉子 「雪の練習生」 2010新潮10月号

2011.01.16

ココログのわからなさ

 201101168029250cb80954c6ef1bee96bd5


 ●更新絶えた。インプットがダダ漏れなので当然アウトプットは出るはずもない。あまりブログの更新をしないのだからどうでもいいことの範囲に入る話である。で、ココログの話だ。ニフティのブログサービスのココログは、老舗ブログサービスといっていいのだが、私にとっては使い勝手が悪い。ユーザーフレンドリーといったスタンスが見られない。要するに解説、説明が何を言っているのかわからないのである。だから、これは一方的な不満である。

 iPhoneからならお手軽にブログアップもできるのではないかと思い、「ココログエディタ」なるiPhoneアプリをDLしてみた。レビューを読むと「よくリリースできたと逆に感心」するとあった。いやな予感がした。そのうえおまけにiTunesにはアプリは落とせたが、肝心のiPhoneにはエラーでDLできなかった。これでまた更新は遠のく。

 ●zenbackというサービスがあるので練習がてらやってみた。関連記事、リンクの類は貼りつけられたが、何が関連しているのか、記事との関係は皆目不明である。

zenbackはブログパーツです。ブログの記事の下や横に、「TwitterやFacebookなどのソーシャルボタン(12/1 新機能)」「その記事に関係する自分のブログ記事」「その記事に関係する他のzenbackユーザーのブログ記事」「その記事についての最新のTwitterのつぶやき」「その記事についてのはてなブックマーク」「その記事の最新のアクセス元(リファラ)」を表示します。http://zenback.jp/



2010.11.13

ミニマムな暮らしへ

20101008windowsphone1_2

 このところスマートフォン、タブレットデバイスの新製品の発表が続いている。新しもの好きのアダプターたちの声に刺激されるのは、毎度のことだが、少しずつそれを受ける自分の感度も変わってきている。

 先日エントリーした、電子書籍自炊へのエネルギーも優しく落ち着いている。以下の記事のようになりかねないと想像もする。

"iPadを買った当初は、すっごいうれしくて、ScanSnapと裁断機も買って、昔読んだビジネス書をpdfにして、iPadにつっこんで読んで最初はすっごい感動していました。しかし、そのうちiPadに転送するのが面倒くさくなり、別にPCでも読めるし、最近のビジネス書は2度と読まない奴も多いので、使わなくなりました。"
「iPadをあんまり使わなくなりました。」村上福之の「ネットとケータイと俺様」

 

«『隠居』とは、いわば無用の人のことである